FC2ブログ
 

ワリ セスジキノボリカンガルー | よこはま動物園ズーラシア

Category : ズーラシア

ズーラシアのセスジキノボリカンガルー ワリさん。

先日テレビ番組で、「キノボリカンガルー」なるカンガルーがいることを初めて知りました。その後ツイッターのフォロワーさんにズーラシアに「セスジキノボリカンガルー」なる種が飼育されていることを教えていただき、早速会いに行ってきました。

セスジキノボリカンガルー。オージーヒルのアカカンガルー放飼場のお隣にお住まいです。ズーラシアには数え切れないほど行っていますが、正直言って今迄注目して見たこと、ありませんでした…(^_^;)

こちらがワリさん。いや〜、かわいいお顔です(^^)


特徴は長い尾…木の上でバランスがとりやすいように。


背中のスジ模様。キレイですね。


背中の真ん中に、ツムジがあるそう…


そう言われると確かに、背中の真ん中にそれらしきものが…


3つ目の特徴。鋭いカギ爪。木の昇り降りには、無くてはならないものです。




木から下りるときには、後ろ向きで。



登りの動き、予想外に素早くて驚きました。


キレイなお顔と毛並み。一目見てファンになりました(^O^)



ファンになるにあたって、ズーラシアでのセスジキノボリカンガルーの歴史を調べてみました。このワリさんは、ズーラシアの開園後間もなく(2000年12月)パプアニューギニアからやって来た野生出自の個体のよう。そのとき既にお腹に赤ちゃんを身籠っており、来園直後の2001年1月にメスのビワを出産。2003年にはアメリカのサンディエゴ動物園からオスのブーメランを導入し、ワリとのペアリングを試みるも、よい結果が得られないまま、ブーメランは2012年6月に亡くなりました。

ワリさんの娘、ビワは今年3月繁殖のためオーストラリアへ旅立ちました。その際のリリースが、これ。



ワリもビワも動物園で現在飼育されている個体とは違う血統の貴重な個体です。このリリースには、13年度にメス、14年度にオスを導入予定とありますね。世界でも19園45頭しか飼育されていない種ですから、ズーラシアでもぜひ繁殖成功に向けた取り組みに期待したいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ムッシュ白熊男

Author:ムッシュ白熊男
ホッキョクグマをメインに各地の動物園で撮影した写真を紹介します。動物園の楽しさ(Paradise+Zoo=Paradizoo)をお伝えできればと思います。コンテンツの無断転載お断り。Twitter(@denari0529) & Instagram (polarbear_zoo)のフォローもお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
6位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Now Online
現在の閲覧者数:
QRコード
QR